ウッドアート楽【公式ホームページ】





ウッドアート楽 代表 

矢羽田匡裕

 

        経歴

昭和44年11月1日、日田市大山町に生まれる
大山小、大山中を卒業後、15歳で親元を離れエンジニアを目指し大分高専に進学。

 

5年間の寮生活で、悪友との遊びという名の、社会勉強と、少しの学業に励み、平成2年3月に卒業。日田に帰郷する。地元の金属部品加工メーカーに就職 会社ではプレス金型設計に従事。

 

プライベートでは、仲間と組んだアマチュアバンドで野外コンサート主催や、青年団などの地域の活動にも参加。その中で、より地元に密着した仕事をしたいと考える。平成8年4月、一念発起し、6年間勤めた会社を脱サラ。

 

当時、大山町農協が取り組み始めたばかりの、「梅の木工房事業」に参加。

 

同事業は大山特産の梅の古木を活用した工芸品製作を通じて、当地に新たな産業振興を目指す取り組み。

 

そこに指導者としていらした里山クラフトの第一人者、「時松辰夫氏」に師事。平成9年、7人程度の若者がこれを生業にすることを目標に集ったことから、同事業は農協傘下で援助を受けながら独立採算を目指す為、「梅の木工房生産組合」となり、初代生産組合長に就任。

 

その後3年間、職人としての修行を積みながら組合経営に取り組むも、農協傘下での取り組みに限界を感じ、平成12年6月、同組合を解散。

 

他の者が転職する中、ただ1人、当時使用していた農協の施設設備を借り受け、事業内容をそのまま受け継ぎ、個人経営の「梅の木工房」として創業。パート1名とともに再スタートをきる。これ以降は、梅の木以外の木材も使用し、オリジナルデザインの商品開発と製作、販売を進める。

 

平成17年1月に、現在の場所に工房を新築移転。屋号を「ウッドアート楽」と改める。

 

現在は5名のスタッフとともに、「暮らしの中に木の楽しさを」をスローガンに、より良いもの作りを目指している。

会社概要

社名ウッドアート楽
事業内容木工(小物、インテリア、食器、遊具)
代表者矢羽田匡裕
住所〒877-0202 大分県日田市大山町東大山474-3
TEL0973-52-2032
FAX0973-52-2043

アクセス

大分自動車道をご利用の場合

  • 日田インターから国道212号線経由して車で15分

 

JRをご利用の場合

  • 日田駅より日田バスセンターまで徒歩1分
  • 日田バスセンターより杖立線、大野線のバスで
  • 千丈バス停まで、25分
  • 千丈バス停より徒歩2分
Behance